読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モバイルオタクの徒然草

スマホ、PC、camera関連の徒然草

iPhone間でアプリデータを移行する(脱獄環境)

iTunesのバックアップリストアでは、バックアップからの復元先は同一バーション以上でないとできない。
iPhone7では10.1.1までしか脱獄は出来ないため、iPhone6s plus(10.2)からのバックアップデータの復元ができず。今回はあきらめてアプリを一つ一つ設定していったが、支出管理や記念日のアプリは全てを入れ直すのは手間が掛かるためこの際あきらめようとしていた。
その後何か手がないかと調べてやってみた見た結果2つのアプリで移行をすることができたので結果をまとめる。
但し、あくまで脱獄環境同士です。
iPhone6s plus(10.2)からiPhone7 plus(10.1)へアプリデータの移行をする。

<準備>

2つのアプリを使ってやります。
・Apps Manager
 Apps Managerは一応有料アプリです。ただし無料版のままでも問題なく使えます。
 $1.59なので使える人は支払っても良いかと。(お任せします)
Dropbox
 これは無料なので良いですね。
 Evernoteでもやってみましたがうまくいきませんでした。

<やってみる>
ここでは 支出管理(Backup ExpenseBook data)を移行するケースです。

iPhone6s plus(10.2)】
 ①Apps Managerでアプリデータをバックアップ

  ・Applicationsからバックアップしたいアプリを選択
   Backup ⇒ Backup ExpenseBook data
   ※ExpenseBookはアプリ名称です
   これでバックアップ出来た

 ②バックアップデータをdropboxに保存

  ・Backupからバックアップデータを選択する
  ・Open in ... を選択する
  ・バックアップ先の画面が出るので Dropbox(import with Dropbox)押下
  ・Dropboxの保存先を選択(新規に作成も出来る)し保存を押下
  ・Dropboxの保存先にアップロードされる

iPhone7 plus(10.1)】

 ③Dropboxに保存されたデータをApps Managet移行する

  ・Dropnoxの保存フォルダを開き、バックアップしたデータ一覧から移行

   したいデータの右にあるボタンを押下するとメニューが開く
  ・メニューから共有を選択
  ・共有相手を追加するため右下のリンクを作成を押下
  ・選択画面が出るので 最下段の別のアプリで開く...を選択する
  ・選択画面が出るので Apps Managerを選択(Apps Managerにコピー)
  ・Apps Managerアプリの画面に代わるがキャンセルでOK
  これでバックアップデータの移行が出来た。

 ④Apps Managerでアプリデータを復元する
  ③から継続できる
 
  ・Backup ⇒ ExpenseBook data で IMPORTED BACKUPS から

   バックアップデータを選択
  ・選択画面からRestore AppData を選択すればデータ移行完了

以上